The light stuff  あかるいひとたち

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png   スポンサー広告
  ↑記事冒頭へ  
←ちょっと休憩-ッ!!(一日一題一ヶ月その15)    →その半分でいいから俺にも優しさをくれ(一日一題一ヶ月その17)
*Edit TB(-) | CO(-) 

1周年企画物

必死に走ってますってば!(一日一題一ヶ月その16)

やっぱりダイエットって、したほうがいいんでしょうかねぇ・・・・・・。

私達は少々心もとなくなった路銀やもっと強い武器の調達を目的に、とある洞窟の探索をすることになりました。ええ、つい先程までそこへですね、リーダーのソアラ君と鑑定眼を持つ私、マーニャさんミネアさん姉妹と行ってたわけなんですが、そこがまたとんでもない広さでして、しかも一度も盗賊に狙われたことがないという噂通りの、魔物の巣窟でもありました。あの魔物の数には、ソアラ君もマーニャさんも辟易してました。かと言って洞窟では、魔除けの類の呪文もアイテムも効きませんから、襲ってくる奴らを倒して進むしかありませんでしたよ。

ですがここの魔物には、どうにもマーニャさんの魔法は相性が悪いようで、先に進むにつれて段々と苦戦を強いられることになりましてねぇ。普段の戦闘では、マーニャさんの強力な呪文一つで片付くようなことも多いのですが、ここの魔物にはそれが通用しないので、最後の方にはマーニャさん魔法を使わず、理力の杖とか、マグマの杖を振り回してましたっけ。で、分が悪いということで早々にソアラ君は、一時撤退を決断しました。(ソアラ君の魔法には極力頼りたくないので)マーニャさんがリレミトの呪文を使ったわけなんですが、それは見事にかきけされました。私の勘ではありますが、おそらくここには武器にしろ宝にしろ何かがありますね。リレミトという脱出手段をわざわざ封じるくらいですから、それ相応のものは期待できると思うのです。

リレミトが使えない以上は仕方ありません、元の道をUターンして戻ることにしたのですが、先程も言いました通りそこは魔物の巣窟ですから、まぁ倒しても倒しても、出るわ出るわで、ソアラくんもほとほと嫌気がさしたらしく、『もう戦うなとにかく逃げろ!』と命令を出しまして、私達はそれに従って全力でマラソンしたわけなんですが、ああ、やっぱり運動をしておけばよかったと本当に、本当に思いましたよ。あんなに長い時間走ったのは本当に久しぶりのことでした。いやぁ、かなりばててしまいましたよ。

しかし、皆さんちょっと酷くありませんか?
私はものすごく必死に、全力で走ってるんですよ?走ってるんですってば!それなのに、ソアラくんも、マーニャさんも本気で走れって何度も何度も振り返ってはダメ出しをするんです。ミネアさんまで『いっそ、転がった方が早いんじゃないでしょうか』なんて、冗談でもキツイことをスラっと言ってくれました。もう一度いいますが、私は必死に走ってますってば!これ以上どうしろと言うんでしょう。

たしかにね、私は太ってますから足は遅いほうだと思います。でも俊敏に動けますし、だからこそ、魔物からお宝も頂戴することが出来るんだと思ってきたのですが、やっぱりそれってうぬぼれだったということなんでしょうかねぇ。

こうして無事になんとか地上に戻ってきたわけなんですが、私の心はどうにも晴れません。とりあえずお腹の贅肉を減らして、長時間走っても全くバテない体力はつけるべきなんでしょうか?だとしたら、やっぱり痩せるのが一番の近道ですよねぇ・・・・。はぁぁ・・・・。

こちらは
・サイト名・
君を想う、春を思う様よりお題をお借りしました
関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png   1周年企画物
  ↑記事冒頭へ  
←ちょっと休憩-ッ!!(一日一題一ヶ月その15)    →その半分でいいから俺にも優しさをくれ(一日一題一ヶ月その17)
*Edit TB(0) | CO(0)
Tag List [ * ]

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←ちょっと休憩-ッ!!(一日一題一ヶ月その15)    →その半分でいいから俺にも優しさをくれ(一日一題一ヶ月その17)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。