FC2ブログ

The light stuff  あかるいひとたち

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png   スポンサー広告
  ↑記事冒頭へ  
←もう誰でもいいから俺を助けてっ!!    →空を掴もうとわたしは、(一日一題一ヶ月その8)
*Edit TB(-) | CO(-) 

1周年企画物

スキンシップの一つ(一日一題一ヶ月その7)

お城におられるころから姫様は、一人でいるよりも賑やかな場所をお好みではありました。お母上であらせられるお后様を、幼き頃に亡くされてますし、年の近しいものといえばこの私くらいしかおらず、色々と我慢やお寂しい思いもしていらっしゃるのです。そのお気持ちは私も十分理解しているつもりではあります。ですが、淋しいからといってだからどうして私の横で寝ようとなさるんですか!!!しかも手を握っててくれなんて、そのようなこと私が出来るはずも無いでしょう。・・・・これはまるで拷問です。

本日は移動がはかどらず外での野営となり、見張り当番にライアンさんとトルネコさんを残しその他は馬車と、外に天幕を張る組とに別れて寝ることになりました。こういった場合馬車には女性陣が入るのが私達の暗黙のルールとなっておりましたので、いつものように就寝していたのですが、しばらくして何を思ったのか姫様が起きだしてきて、私の隣に横で眠ると言い出しました。

ソアラのこともそうですが、姫様は私達を男性として意識なさってないのでしょうね。どうにも情けなくて悲しいことではありますが、しかし、姫様に比べて力が弱く、戦力にはならない私ですからそれも致し方ないのかもしれません。姫様は常々、強い人が好きだとおっしゃっていますし。まぁ、勇者も同じ扱いなのには、正直慰められますが。

「いいじゃないのよ。昔は二人でお昼寝したことだってあったでしょう?」
「十年以上昔の事ではありませんかっ。とにかく無理ですっ!!姫様はマーニャさん達とご一緒にお眠り下さい」
「いやよ!クリフトと一緒がいいの」
ぷぅと頬を膨らませて、ちょっと上目で私をみる姫様はかなり可愛い。しかし何故、誰も姫様をお止めしないのか。大体ブライ様だってこのような事をお許しになるはずがない。そう思って周囲を見まわせば、昨日見張り当番だったソアラは既に夢の中でブライ様の寝床はもぬけの殻。ライアンさんとトルネコさんまでいない!いつの間に!!この私の視線を読んだ姫様は、実にあっけらかんと衝撃的な事実を述べられました。

「皆なら、馬車でお酒飲んでるわよ」
「ええっ?!」
思わず声が大きくなった私に、姫様は人差し指を口元にあてて、静かにとポーズをつくる。その姿も実に愛らしいものでした。

「ほら、この間爺が町で見つけたお酒。なんかあれ凄いヴィンテージものらしくって、(酒の味がわからない下戸の)ソアラに飲ませるのはもったいないっていうのでここまで隠してたらしいの。で、今日ならソアラは絶対疲れてすぐ寝ちゃうだろうから、あとで飲みあかそうって打ち合わせしてたらしいわ。わたしにはマーニャがこっそり教えてくれてたけど、クリフトってばずうっとソアラと一緒だから教える暇なかったのよ」
「そんなことをして、見張りはどうするんです?!」
「大丈夫よ。ちゃんとミネアが聖水を使ってくれたもの」
「だ、だからといってこのような・・・・」
「うん。そう言うと思ったから、わたしがこうしてクリフトの気を引いてる内に爺達を馬車に乗り込ませたのよね」
にっこりと笑う姫様。どうやら私は、してやられたらしい。いや、これでよかったのかもしれないな。

「では、姫様はこの後皆様とご一緒されるのですね。ですが、あまり飲まれないほうがいいとは思いますよ」
「ううん、わたしはやめとくわ。なんか凄いことになりそうなんだもの」
「はは。確かに酒豪がそろっていらっしゃいますからね」
「クリフトだって飲まないでしょ?」
「え、ええ。ご遠慮させていただきます」
付き合いで飲めと言われれば飲みますが、私も別にそんなにお酒好きではありませんし、姫様も何故かあまり私が飲むことを好んでないのは承知しておりますから。

「うん、じゃあそろそろ寝ましょ!」
「は・・・・・・・?」
あの、なんでそこで先ほどの会話に戻るのでしょうか?

「最近、私達ってスキンシップが足りないって思ってたのよね。今日は邪魔者(ソアラ)もいないしちょうどいいわ!」
「ちょ、あの、姫様?!スキンシップの意味はお分かりですか?」
「うん。仲の良い人たちがする触れ合いのことでしょ?一緒に手を繋いで寝るんだから立派なスキンシップの一つよ!!ねぇクリフト、私達もっともっと仲良しになってもいいと思わない?」
そうおっしゃる姫様の頬が少し赤いと思うのは、私の気のせいですよね。炎の照り返しでそう見えるだけですよね。いや絶対そうに決まってる!!

甘かった。私の危機は未だに継続中らしい。姫様、おそれながら申し上げます。スキンシップの意味が微妙に違いますっ!!!!!

こちらは
・サイト名・
君を想う、春を思う様よりお題をお借りしました
関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png   1周年企画物
  ↑記事冒頭へ  
←もう誰でもいいから俺を助けてっ!!    →空を掴もうとわたしは、(一日一題一ヶ月その8)
*Edit TB(0) | CO(0)
Tag List [ * ]

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←もう誰でもいいから俺を助けてっ!!    →空を掴もうとわたしは、(一日一題一ヶ月その8)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。